fbpx

お役立ちコラム

パッシブデザインとは?メリットやデメリット・注意点について解説します!

2022年04月27日

「パッシブデザインについて詳しく知りたい」
「パッシブデザインのメリットやデメリットについて教えてほしい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
 
パッシブデザインを知らない方であれば、どういったものか知りたいですよね。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

□パッシブデザインとは何かについて解説します!

 
パッシブデザインは、設計技術の1つで、自然の力を利用するものです。
具体的には、太陽の光や熱などといった自然の力や現象を利用し、省エネルギーで良い室内環境を作り出す技術です。
パッシブデザインで何ができるのかということについていくつかご紹介します。
 
1つ目は、太陽の熱や光を利用することです。
寒い冬場には、太陽の熱を建物にためこんで、夜間まで暖かさを持続させる方法や、昼間に太陽光を室内に取り込むことで、日中の照明の利用をできるだけ削減することなどがあります。
 
2つ目は、室温をちょうど良くするということです。
建物の高断熱化かつ高気密化によって、快適な温度を維持することにつなげます。
また、自然風を取り入れて、冷暖房を使わずに生活できるようにします。
 
以上が、パッシブデザインとは何か、パッシブデザインで何ができるのかについてでした。
 

□パッシブデザインのメリットやデメリットについて解説します!

 
続いては、パッシブデザインのメリットやデメリットについて解説します。
 
パッシブデザインのメリットは、先ほど解説したように、一年を通して冷暖房や照明を利用する回数を減らせるということです。
外気と室内の温度差を減らすことで、ストレスなく生活できることもメリットです。
 
パッシブデザインのデメリットは、条件によっては自然エネルギーを活かしづらいといったことです。
パッシブデザインであっても、土地の気候や環境、天候によってはうまくいかない場合もあります。
つまり、住宅の性能が良かったとしても、必ずしもその機能を発揮できるというわけではないということです。
 
以上が、パッシブデザインのメリットやデメリットについてでした。
 

□まとめ

 
今回は、パッシブデザインについて知りたい方に向けて、どういうものか、その特徴やメリット・デメリットについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用していただけると幸いです。
当社は津山市、 勝央町周辺で注文住宅の依頼を承っておりますので、ぜひご相談ください。

LINE