fbpx

お役立ちコラム

新築の収納はどれくらいがベスト?良い収納スペースや注意点を解説します!

2022年05月01日

「新築の収納スペースをどれくらいにすれば良いか悩んでいる」
「収納計画で、後悔したくない」
このようにお考えの方は多いでしょう。
 
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
津山市、 勝央町周辺でマイホームをお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
 

□収納スペースで良かった事例について解説します!

 
ここでは、うまくいった収納スペースの事例を2つご紹介します。
 
1つ目は、リビングのカウンター収納です。
家事をしながらリビングの様子を見ることが可能なことが魅力のカウンターキッチンを採用している家はたくさんあります。
このカウンターキッチンの下のダイニング側に収納スペースを設置するものが、実際に好評です。
リビングやダイニング周りに置いておきたいが散らかしたくない雑誌や本をうまく収納したり、充電スペースとして使うことが可能であることなど、様々なことに使えるのがメリットです。
 
2つ目は、廊下に設置した、物を入れるスペースです
廊下に物入れを設置することで、デッドスペースを減らせます。
無駄な部分を有効活用して、収納スペースにできるというのがこのメリットです。
以上が、収納スペースにおいてあって良かった事例についてでした。
 

□収納計画で後悔しないための注意点について解説します!

 
続いては、収納計画において、後悔しないための注意点について解説します。
注意点は2つあります。
 
1つ目は、収納タイプの特徴を理解しておくということです。
収納にも様々な種類があります。
 
例えば、棚タイプのものや収納部屋タイプのものです。
棚タイプの収納は見やすいので持ち物の把握がしやすいというメリットがあり、圧迫感を感じさせやすいというデメリットがあります。
収納部屋タイプのものは、たくさんの物や大きな物を収納できるというメリットがあり、奥にあるものを取り出しづらいといったデメリットがあります。
 
2つ目は、本当に必要な収納量かどうか考えるということです。
収納スペースを広げれば広げるほど、そのスペースを他のことに使えなくなります。
敷地や予算は限られているので、自分の持ち物を把握し、本当に必要な収納スペースはどれくらいか考えましょう。
以上が、収納計画において、後悔しないための注意点についてでした。
 

□まとめ

 
今回は、新築の収納について知りたい方に向けて、良い収納スペース事例や収納計画の注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用していただけると幸いです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、いつでも当社へご連絡ください。

LINE