fbpx

お役立ちコラム

快適な家で暮らしたい方へ!夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫をご紹介!

2022年05月19日

「夏は涼しく冬は暖かく暮らしたい」
「快適な温度で生活するための方法を知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
注文住宅を建てるのであれば、快適に暮らせる家が良いですよね。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫について解説します!

夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫について、ここでは3つご紹介します。
 
1つ目は、断熱化することです。
後ほど解説しますが、断熱性が高いと空気が外に逃げにくいので、エアコンが効率良く働きます。
断熱性が低く、空気が逃げやすい家の原因は窓であることが多い傾向にあります。
窓の断熱性が高いと空気が逃げにくいので、快適に暮らしたい方は、窓選びにこだわると良いでしょう。
 
2つ目は、気密化することです。
気密化は、家の隙間を減らして、外気が家の中に入るのを防ぐという考え方です。
窓だけでなく、床と壁のつなぎ目やコンセントを取り付ける場所も、室温に影響を与えるポイントです。
こうした問題を解決するためには、壁の室内側に水蒸気を防ぐシートをつけると良いでしょう。
 
これによって、湿度を含んだ隙間風が家の中に入りにくくなります。
 
3つ目は、建築予定の場所がどういった風の向きなのか、風の強さはどれくらいか把握しておくことです。
土地や季節によって風向きは変わるので、それに応じた間取りにすると快適に生活しやすいでしょう。
以上が、夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫についてでした。

□窓を断熱する方法について解説します!

続いては、窓を断熱する方法について解説します。 この方法は誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。
 
1つ目は、断熱シートを貼ることです。
ホームセンターやインターネットで購入できる断熱シートを貼ると、断熱効果がアップします。
手軽に貼れて非常におすすめの断熱方法なので、ぜひお試しください。
 
2つ目は、断熱フィルムを貼ることです。
断熱フィルムは、夏だけでなく、冬にも効果を発揮します。
夏は日差しをカットし、冬は結露の発生を防ぐ効果があるのです。
インテリア性も高いので、とても便利です。 以上が、窓を断熱する方法についてでした。

□まとめ

今回の記事では、夏は涼しく冬は暖かい家にする工夫について解説しました。
家づくりの際に、今回の情報を活用していただけると幸いです。
津山市、勝央町周辺で家づくりを始める方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

LINE